【Excel】セルをドラッグして移動の際の「この操作は結合したセルには行えません」を回避する

土木数量計算書を作成するExcelの1マスを細かく区切り、セルを結合を駆使して作成することがよくあります。

不規則な数式を組み合わせる際に、結合されたセルをドラッグしてセル移動することはとても便利です。

ですが、結合されたセル範囲内に横移動すると、「この操作は結合したセルには行えません」と警告が出てきます。

今回は、この警告を回避する単純な方法を取り上げてみたいと思います。

※セル結合は、Excel界隈だと邪道とする向きもありますが、その是非をとりあげるものではありません。

「この操作は結合したセルには行えません」はどのような時に起こるか

セル結合した範囲内に、セルを移動させようとすると起きます。

数量計算書作成する際に一番多いケースは1マス横移動時と思います。

結合セルの前後に “(” や 計算記号(+,-,*,/など)を入れたい、というようなことが頻繁に起きます。こういうときにドラッグして1マスずらすと出てきます。

この状態に直面して、右クリックして、セルを挿入している人もよく見かけます。ですが、罫線が引いてある場合は、罫線も右にずれますので調整が必要です。

(ケース1)マスを削除すると罫線に影響が出てしまう

また、セル結合したセルで挿入すると、不要なマスも増えてしまいます。

(ケース2)余計なマスが増えた上に罫線も乱れてしまう

Excelをやり始めた人には、こういう修正方法をとる人が多いです。筆者も対応はわかっていても、ブレインロックがかかった状態ですと、こういう修正をやってしまうことがあります。

間違いではありませんが、もう少し効率的な方法があるのです。

目次に戻る←←←

移動させるセルをいったん別の行に退避させて個別にドラッグ移動する

罫線を修正したり、不要なマスを削除したりするよりも、効率的にドラッグ移動するには、他の行にいったん移動させるセルを退避させます。

退避したセルがあった場所は、セルの結合がクリアされ、更(さら)な状態になるからです。

セル結合していない状態にしたところで、目的のセルにドラッグ移動します。

他の行、と書きましたが、影響ない範囲であれば同じ行でも大丈夫です。

たとえば、上のケース2つの対処法の1つとして以下のような方法があります。

(ケース1)の対処法
(ケース2)の対処法

数式がびっしり前後に埋められている場合は、影響のない遠いセルにいったん出してしまえばいいのです。

目次に戻る←←←

まとめ

結合セルをドラッグ移動させると、結合解除される、ということを感覚的に知ってはいても、時間に追われると、ついつい、手間のかかる方法をとってしまいます。

何かいい方法があるんだろうな、と思いつつもとりあえず現状の手法で済ませてしまいがちにもなります。

今回の方法も、ごく基本的な方法ですが、こういう基本的な動作に限ってWEBではなかなか出てこなかったりします。

土木数量計算という限られた分野限定の操作かもしれません。そもそもこんなことやらないよ、という場合はなかなかWEB記事にもならないのかもしれませんね。

今後も土木数量計算分野におけるちょっといい情報を取り上げていければと考えています。

土木数量計算書作成入門

このシリーズでは、ExcelやAutoCADを使った土木数量計算書の作成について初心者の方に向けて有用な情報をシェアしています。

土木数量計算書作成入門

目次に戻る←←←