マインドマップを利用したWordPress記事自動投稿システムの講座を開講します

WordPressでブログを構築されている方にご提案です。

マインドマップを用いて記事を自動投稿できるシステムを当編集室関連ブログで運用しています。

記事を書いて(というか、マインドマップに記入するだけですが)プログラムを起動するだけで自動的に投稿できるのでとても便利です。

解説動画を講座化して公開しますのでプログラム知識がある方はご自身で改修してみてください。とっても便利ですよ。

実演動画公開中

講義動画を無料公開いたします

講義動画の実践練習のために作ったものです。考え方を一通り解説しています。

無料公開いたします。少しでもブロガーさんのお役に立てればと思っております。

ただし、視聴に関する責任はもてません。外部動画共有サービスを利用しますのでご利用環境によっては観ることができないかもしれませんが、一切の責任は持ちません。

運用に関してもご自身の責にてお願いいたします。後に出てきますが、セキュリティー面に関しても対策が必要な場合がありますが、当編集室は一切の責任を負いません。

できること

マインドマップで定型テンプレートをつくっておきさえすれば、以下のような項目が自動で投稿されます。
WordPress編集画面に入ることなく、プログラムのボタンを押すだけで投稿されます。

  • タイトル
  • 記事(リスト型の記事となります。)
  • 画像
  • カテゴリ
  • タグ
  • 投稿or下書きを選べる

プログラムは、Pythonを用います。Pythonファイルを開いて実行してもらう必要はありますが、特別な知識はいりません。マニュアルに通りに実行できるようにカスタマイズいたします。

また、プログラムの知識がある方は、サンプルプログラムをご購入して、ご自身で設定していただくことも可能です。

とあるブログ用にシステムを構築した際のマニュアルです。お客様はこのマニュアルに沿って操作するだけでWordPress画面を開くことなく記事が投稿できるのです。

(このマニュアル自体も下記マインドマップソフトxmindを使用して作成しております。)

2本以上の複数ブログに同時投稿することも可能

ある活用例ですが、日本語サイト、英語サイトを同時運営している企業があります。一つのマインドマップを作ることで、同時に2つのサイトに投稿できてしまいますので、ビジネスの可能性が一気にワールドワイドに広がります。

(マインドマップを2つ書くことにより、日本語サイトと英語サイト両方同時に投稿しているケース)

そもそもマインドマップって何?

思考の表現方法として有名です。活用事例を挙げるとキリがないくらい出てきます。荒川編集室でもまずマインドマップで思考の整理をするように心がけております。

頭の中で考えていることをキーワードとしてどんどん抜き出していき枝を広げていきます。

当システムでは、PCソフトにてマインドマップを作成します。ソフトは”xmind”を使用します。
無料版と有料版がありますが、無料版でも利用可能な機能を利用いたします。
xmindの操作自体は簡単です。直感的に操作することができますので、操作方法はwebサイト等をご活用ください。
(必要な操作方法をマニュアル作成することも可能です。)

・xmindはこちらをご参照ください

活用概要

当システムは、テンプレが決まっているブログに強力に活用できます。

  • 決まった値とコメントだけ更新すればよいサイト(株価や天気、その日の気持ちetc)
  • 記載項目が決まっている大量記事増産型レビューサイト
  • 記事(マップ)だけ何十個も作っておいて連続投稿

などなど、、、活用方法はまだまだたくさんありそうです。

学習に必要な環境(用意していただく物)

◎PC環境

  • Windows10搭載パソコン

すみません。ただいまの所、当編集室はマックOS環境に対応していません。検証が不可能なため、ただいまのところWindows環境のみ対応といたします。

◎xmind環境

  • 無料版でけっこうです
  • html変換を利用してプログラムで読み込みます(特別な知識は必要ありません)

◎WordPress環境

  • ブログを立ち上げて戴くことが必要です。
  • レンタルサーバー代やドメイン代がかかります。

◎Python環境

        

  • 実行環境を構築していただくこと。
  • 実行環境自体は無料で構築できます。

セキュリティーに関する注意

使っている技術の中に、若干セキュリティー面で対策が必要な事柄があります。注意喚起はいたしますが、ご利用にあたってはご自身での対策をしてご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です