(Auto)Cadトークしました。

動画編集講座の公開が終わってしばし放心状態でした。

何かやらなきゃ餓死する、という切迫感はあったのですが、動画編集講座の開発が非常に充実したものだっため、その反動が大きかったのかもしれません。

次はCAD講座を開発します

地味に編集室ではCADをやってはいたのですが、動画編集ほど力を入れていませんでした。

TwitterやYouTubeでは、動画編集の話は非常に盛り上がるのですが、正直CADってほとんど話題にすらあがらない状況です。まあ、使う人限られているから仕方ないかな、とも思うのですが、動画編集よりも可能性的には手っ取り早く稼げると思うのです。

わたしは、土木の技術者としてCADを使用していたのですが、操作を覚えれば、建築だって、機械だって応用が効くはずですし、食いっぱぐれることがないと思うのです。そういった技術を伝えることができたらいいな、と思っています。

仕事の可能性が大きく広がります

土木とかの仕事をしている人にとっては、欠かすことのできない技術です。わたしはAutoCadというソフトしかできませんが、このソフトが業界で大きなシェアを思っています。これを覚えると大きく仕事の選択肢が広がると思うのです。

例えば、在宅ワークなんかできます。基本はソフトがあればシコシコ自宅でやれますから。在宅でフリーでCADラー(キャド専門で食べている人)もたくさんいらっしゃいます。

このコロナ時代を生き抜く大きな力となるとわたしは思っています。

わたしのCAD歴やCADの魅力を語ってみました

微妙に、夜晩酌しながら撮ったので、ざっくばらんに語っています。

いいことも悪いことも思ったことを述べています。

何かこれから”自分の武器”を身につけようと思っている方などにいかがでしょうか。

また、荒川のほうは、ココナラでもCAD関連で出品しています。

AutoCad図面(土木)を修正いたします 面倒な修正作業をサポートいたします

昔の手書き図面をCADデータにします 過去の成果物の再利用化、保管場所の確保にご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です