アラフィフ、正社員手取り15万の生活でも満足

こんにちは!荒川繁子です。

わたしは、当編集室(荒川編集室)でブログや動画編集をやりながら、日中は会社員として働いています。

もうすぐ50歳ですが、バリバリの新入社員です。

2年前に起業を試みて前職を退職して1年間くすぶりました。収入がないのでお金が飛ぶように出て行き破産が見えてきたため、泣く泣く再就職しました。

フルタイムで働いて、現状手取り月15万円です。前職から半分以下になりました。

ネットで調べると、生活保護における給与水準、月額約17万円、年額約200万円以下の人のことを「ワーキングプア」と呼ぶそうです。社会保険控除前のことを言っているのか、純粋な手取りのことを言っているのかはわかりませんが、まあ、年齢を考慮すると「ワーキングプア」と言われてもよさそうです。

はっきり言って人を舐めたような給料だとは正直思っています。

給料クソだけど辞めようと思わない

泣きたくなるくらいの給料ですが、現状辞めようとは考えていません。

前職と同じ職ならおそらく、もっと報酬はあがると思います。ですがクビにならない限り辞めません。

それはなぜか?

今の環境が自分にシックリきているからです(もちろんお金の面で言えば最低ですが・・・)。

なんとか、収入だけ工夫して今の生活環境を維持できないか、ということをずっと考えています。それほど、今の環境は手放したくありません。

30年に渡り社会人生活をしていますが、いまの自分が人生で一番活き活きしている、と思うほど環境的には満足しています。

泣く泣く、戻ったサラリーマンですが、再就職先で待っていたのは、驚くほどの低収入です。社会保障費、税金の天引き後の手取りが冒頭に書いた15万円です。情けなくて泣きそうになりました。前職と職種が違うとは言え、ある程度バッティングしているお仕事でしたが、こうも収入が低いのか、と思いました。半分以下です。

周囲に対しても周囲に対しても自由に生きていくと宣言していたため、恥ずかしい思いもしました。

再就職では働き方が変わった

お先真っ暗な新生活でしたが、案外わたしにシックリきてしまったのです。

フルタイムでの採用なのですが、勤務時間をズラしたもらうことに成功しました。デフォルト時間勤務するのですが、始業と終業時間を1時間ずらしてもらったのです。

早く出て早く帰ってくることで通勤ラッシュを回避することができました。なんなら座って移動できるのです。前職ではイヤイヤ満員電車に揺られて通勤していたのですが、今では文章を書いたり、読書をしたりしながら通勤しています。もともと早寝早起きするタイプなので早出は何ら苦ではありません。こんなに通勤が楽しいなんて思ってもみませんでした

そして、正社員という立場ですが、基本的には人のアシスタント的な立場です。顧客とのやりとりで悩むわけでもなく、頭を使うというよりもむしろ手を動かす仕事です。残業もなく、さっさと時間になったら帰ることができます。残業するとそれなりに残業代がもらえるのですが、一切していません。そうすることによって、夕方から夜の時間が思いのほかたっぷりと使うことができるのです。

通勤したくないのと残業をしたくない、という譲れない線2つに焦点を当てて、その点を考慮してくれる会社が今の会社です。

収入はとりあえず置いておいて、譲れない線を決めて選んだため、手取り15万円、正社員とは言えパート・アルバイト扱いとなったのです。

通勤も本当はしたくないのですが、こればっかりはどうにもなりませんでした。在宅でできるような仕事ではあるのですが、やはり何者かもわからない人間にそこまでは許して貰えませんせした。実績を作ってゆくゆくは交渉することにして勤務時間をズラしてもらうことに成功したのは大きかったです。

なんとなく成功したようなイメージで語ってしまいましたが、現実は厳しいです。

やっぱり金がない、というのは日々のストレスになりますし、恐怖になっています。

しかし、一歩一歩克服していくしかありません。

勉強と試行錯誤して少しでも人生を好転させていこうと考えています。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です