収入よりも自由になる時間優先作戦

こんにちは。

荒川繁子です。

わたしは、一年間の起業チャレンジに失敗して会社員戻りしました。再就職は厳しく、手取りは15万円になってしまいました。50歳で家庭持ち、マイホーム持ちでこの収入は実際かなり厳しいものがあります。

しかし、収入面を置いておくと、時間的にはかなりの余裕ができました。

再就職する際に、立てた戦略が効を奏しました。

戦略と言うと、聞こえはいいですが、自分の譲れない条件をにこだわり、認めてくれた企業に就職しただけです。

どうせ、人に使われる側に立つなら、今度は働き方を変えてやろう、といくつかの譲れない条件をつけて就職活動をしました。

高収入をあきらめて時間を確保できる仕事に就くことにした

高収入を捨てて、時間を(比較的)自由に取れる(社会保険に加入できる)仕事をゲットする。そして、貰った給料内で生活する、という単純な話です。

実際、今のところ貰った給料内で生活をする、ということはできていません。50歳で子供も持ち家もありますからとてもではないですが、15万円でやっていけるわけではありません。

足が出た分は貯金から出て行いきます。前職在籍中のような(ごく一般的な)生活をしていてはあっという間に破産してしまうでしょう。

しかし、無職の時のように、何もしないで「おもしろいように」お金が飛んでいく、というようなことだけはありません。税金も社会保険料も天引きされたものが入ってくるのです。

生活水準はガタッ、と落とさざるをえませんが、もう少しだけ他に収入があればなんとかやっていけると思っています。

今は足が出た分を貯金からまかなっていますが、無くなっていく額は無職の時と比べればスピードはかなりゆっくりになります。

今の状態で無くなるとしても、破産までは数年今の状態を維持できます。

その間(金がなくなる)までの間に何かしらの工夫で収入を上げていこうとしています。

少額だけど自分のビジネスの収入が入ってくるようになった

今はほんの少額(月数千円単位)ですが、Udemyの講師代だったり、Kindle出版した本のロイヤリティーが入ってきています。

自分のコンテンツで稼いだお金です。収入の足しにはほとんどなっていませんが、とてもありがたいです。

コンテンツを増やして数万円単位になれば、会社の給料と足してなんとか、収入内で生活できるようになります。

まずは、今の目標はそこにあります。

言い換えれば、『増えないけど、されどそれほど減りもしない』という状態を作り出していこうとしています。

増えないけど、されどそれほど減りもしない生活をすれば、やりたいことが延々できる

当然ですけど、収入の中で生活できれば、少なくとも破産することはありません。

ですけども、あくまでも究極的な話です。

当然ですが突発的な支出もありますし、この考えでいくと、会社員の給料を一生当てにすることになります。いくらなんでもこんなギリギリな生活を何年も続けるわけにはいきませんので、なんとか収入が上がるように活動をしていくことになります。

今回は、収入面の方針を書きましたが、肝心なのは、働き方、そして時間の作り方です。収入が少ないのに労働時間が長ければまったく意味がありません。

その辺はまたの機会に書きたいと思います。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です